話題の人物動画集

ウジェーヌ・ブーダン/YouTubeまとめ

3分でわかるクロードモネ人から分かる3分美術史90再生 3分でわかるクロードモネ人から分かる3分美術史903分でわかるクロードモネ人から分かる3分美術史90 TheCompleteWorksofEugneBoudin再生 TheCompleteWorksofEugneBoudinTheCompleteWorksofEugneBoudin エトルタEtretat再生 エトルタEtretatエトルタEtretat 長渕剛夏の浜辺にて再生 長渕剛夏の浜辺にて長渕剛夏の浜辺にて

ウジェーヌ・ブーダン(Eugène-LouisBoudin,1824年7月12日-1898年8月8日)は、19世紀フランスの画家であり、外光派の一人として印象派に影響を与える。青空と白雲の表現に優れ、シャルル・ボードレールボードレールやコローから、「空の王者」としての賛辞を受ける。
ノルマンディー地方のオンフルールで水夫の子として生まれる。1835年に父親が水夫の家業をやめ、一家をあげてルアーブルに転居する。ルアーブルの地で、父親は文具商として成功し、ここで、バルビゾン派に属するトロワイヨンやミレーらの土地の画家との交流が生まれた。
1859年に、後にボードレールにブーダンを紹介することになるクールベと出会い、パリのサロン・ド・パリサロンへのデビューを果たしている。

Wikipedia_2008.12.31