話題の人物動画集

エーディト・シュタイン/YouTubeまとめ

  • 該当する動画はありません。

エーディト・シュタイン(EdithStein,1891年10月12日-1942年8月9日)は哲学者でフェミニスト、カルメル会の修道女。カトリック教会で聖人(殉教者)。修道名は十字架の聖テレサ・ベネディクタである。生涯ドイツ帝国・ブレスラウ(現在のポーランド領ヴロツワフ)でユダヤ人商人の家庭の11番目の子として生まれた。2歳の時、父が死去。以後、母に育てられる。1904年13歳のとき、「自立的人間」を目指して、学校を一旦やめる。ユダヤ教を放棄し、無神論者になった。1913年、夏季ゲッティンゲン大学でエドムント・フッサールに学ぶ(フッサールのアシスタントとしてフライブルク大学までついて来る)。1916年、フッサールの下に「感情移入の問題」の論文を発表し、哲学博士号を授与された。フライブルクで教授陣のメンバーに加えられる。そのころ、エーディトはカトリックに惹かれ、1922年1月1日に洗礼を受け、カトリックに改宗した。夏季休暇のとき、友人宅の書斎にあったカルメル会を改革したアビラのテレサの自伝を読み、改宗を決心したといわれる。

Wikipedia_2016.04.28