話題の人物動画集

キム・スタンリー・ロビンソン/YouTubeまとめ

KimStanleyRobinsononAurora再生 KimStanleyRobinsononAuroraKimStanleyRobinsononAurora KimStanleyRobinsonValuingtheEarthandFutureGenerationsImaginingPost-Capitalism再生 KimStanleyRobinsonValuingtheEarthandFutureGenerationsImaginingPost-CapitalismKimStanleyRobinsonValuingtheEarthandFutureGenerationsImaginingPost-Capitalism INTERESANTESCOLONIASENELUNIVERSOcolonizarelespacioMARTEDOCUMENTALESINTERESANTES2016再生 INTERESANTESCOLONIASENELUNIVERSOcolonizarelespacioMARTEDOCUMENTALESINTERESANTES2016INTERESANTESCOLONIASENELUNIVERSOcolonizarelespacioMARTEDOCUMENTALESINTERESANTES2016

キム・スタンリー・ロビンソン(KimStanleyRobinson、1952年3月23日-)は、アメリカ合衆国のSF作家であり、多くの賞を受賞した《火星三部作》で最もよく知られている。彼の作品は通常、生態学的で社会学的なテーマを掘り下げる。彼の小説の多くは自身の科学的興味の直接的結果のように思われる。彼の最も有名な作品も、15年にわたる研究と子供の頃からの火星に対する興味の結果と言えよう。ロビンソンの作品を評論家は「文学的なSF小説」と分類する。イリノイ州ウォキーガンで生まれ、南カリフォルニアで育った。1974年、彼は文学士としてカリフォルニア大学サンディエゴ校を卒業、1975年にボストン大学で英文学の修士号を得た。1982年にはカリフォルニア大学サンディエゴ校で英文学の博士号を得た。そのときの博士論文TheNovelsofPhilipK.Dick(フィリップ・K・ディックの小説)は1984年に出版された。自らは登山家ではなくバックパッカーだとしているが、登山はいくつかの作品で扱われており、例えば『南極大陸』、《火星三部作》(およびその元となった短編小説"GreenMars")、FortySignsofRain、EscapefromKathmanduで顕著である。

Wikipedia_2015.12.02