wadajin.net

ヨハン・ダーフィト・ハイニヒェン

ヨーハン・ダーフィト・ハイニヒェン(JohannDavidHeinichen,1683年4月17日-1729年7月16日)は、ドイツ後期バロック音楽の作曲家・音楽理論家。ヴェネツィア留学の後、ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世の宮廷に仕える。ハイニヒェンの作品は独創的で、想像力豊かなはちきれんばかりのリズム感が特徴的であるものの、どうしたものか長らく無名であった。生涯現在のザクセン=アンハルト州ブルゲンラント郡ヴァイセンフェルス(Weißenfels)近郊の寒村クレスルン(Crössuln)に生まれる。父ミヒャエル・ハイニヒェンは、ライプツィヒの聖トーマス教会附属の著名なトーマス学校に学んだ後、パガウにおいてカントルを、クレスルン村の教会において牧師を務めた。ハイニヒェンも父と同じくライプツィヒのトーマス学校に通い、音楽をヨーハン・シェレ(JohannSchelle)に、チェンバロをヨハン・クーナウに学ぶ。

Wikipedia_2014.10.10

ブログパーツ

自身のサイトやブログに『ヨハン・ダーフィト・ハイニヒェン』関連のYouTube動画像再生リストを掲載(登録不要)いただけます。なお、同一ページ内にYouTube埋め込みコードの複数掲載はできません。モーダルウィンドウが正常に動作いたしませんので『1ページ1ヵ所』の掲載でお願いします。

レスポンシブ対応ブログパーツ

  • 本ページ内掲載動画よりランダムに6件表示します。
  • レスポンシブ対応~設置箇所の横幅に応じて3列×2段、または、2列×3段に割り付けます。
  • メイン画像&再生スクリーン画像3枚のサムネイル画像きです。

表示見本

ウェブ制作・便利コード集
© 2018 wadajin.net