話題の人物動画集

ヨハン・ダーフィト・ハイニヒェン/YouTubeまとめ

JohannDavidHeinichenConcertoforfluttea8inCmajor再生 JohannDavidHeinichenConcertoforfluttea8inCmajorJohannDavidHeinichenConcertoforfluttea8inCmajor JohannDavidHeinichenConcertoforoboedamoreinAmajorSeibel228再生 JohannDavidHeinichenConcertoforoboedamoreinAmajorSeibel228JohannDavidHeinichenConcertoforoboedamoreinAmajorSeibel228

ヨーハン・ダーフィト・ハイニヒェン(JohannDavidHeinichen,1683年4月17日-1729年7月16日)は、ドイツ後期バロック音楽の作曲家・音楽理論家。ヴェネツィア留学の後、ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世の宮廷に仕える。ハイニヒェンの作品は独創的で、想像力豊かなはちきれんばかりのリズム感が特徴的であるものの、どうしたものか長らく無名であった。生涯現在のザクセン=アンハルト州ブルゲンラント郡ヴァイセンフェルス(Weißenfels)近郊の寒村クレスルン(Crössuln)に生まれる。父ミヒャエル・ハイニヒェンは、ライプツィヒの聖トーマス教会附属の著名なトーマス学校に学んだ後、パガウにおいてカントルを、クレスルン村の教会において牧師を務めた。ハイニヒェンも父と同じくライプツィヒのトーマス学校に通い、音楽をヨーハン・シェレ(JohannSchelle)に、チェンバロをヨハン・クーナウに学ぶ。

Wikipedia_2014.10.10