話題の人物動画集

伊達慶邦/YouTubeまとめ

みやぎの先人集未来への架け橋第20話大槻磐渓開国を唱えて再生 みやぎの先人集未来への架け橋第20話大槻磐渓開国を唱えてみやぎの先人集未来への架け橋第20話大槻磐渓開国を唱えて 繁體中文介紹平泉之5-繼承傳統-再生 繁體中文介紹平泉之5-繼承傳統-繁體中文介紹平泉之5-繼承傳統-

伊達慶邦(だてよしくに)は、陸奥仙台藩の第13代藩主。伊達氏第29代当主。文政8年9月6日(1825年10月17日)、第11代藩主・伊達斉義の二男として生まれる。幼名は穣三郎。文政10年(1827年)に父の斉義が死去した際には、穣三郎はまだ幼少であったため、一門の登米伊達氏から斉邦が第12代藩主に迎えられている。天保8年(1837年)に、斉邦が姉と婚礼を挙げると同時に、その養嗣子となって諱を寿村(ひさむら)と称した。翌天保9(1838年)には将軍・徳川家慶の偏諱を賜って慶寿(よしひさ)に改名。天保12年(1841年)に斉邦が25歳で死去すると、伊達宗家の家督および陸奥仙台藩主を継いで従四位少将に叙任され、陸奥守に任官される。嘉永4年(1851年)に従四位下中将に、安政6年(1859年)には正四位下中将に昇進。また、藩主就任後からまもない天保14年(1843年)には亡き斉邦の一字を取って慶邦に改名している。19世紀初頭から、仙台藩は幕府から蝦夷地(北海道)の警衛を命じられていた。これは陸奥会津藩や出羽庄内藩などの東北諸藩も同じであったが、特に仙台藩の担当範囲は最も広く、択捉島・国後島などの千島列島にまで及び、慶邦の代には全蝦夷地の3分1に程度まで拡大していた。

Wikipedia_2016.03.05