話題の人物動画集

南部重信/YouTubeまとめ

雫石の神社岩手山神社遥拝所新山再生 雫石の神社岩手山神社遥拝所新山雫石の神社岩手山神社遥拝所新山 千引ちびきの岩黄泉の国のイザナミと出雲のイザナギが別れた場所再生 千引ちびきの岩黄泉の国のイザナミと出雲のイザナギが別れた場所千引ちびきの岩黄泉の国のイザナミと出雲のイザナギが別れた場所

南部重信(なんぶしげのぶ)は、江戸時代前期から中期にかけての大名で、陸奥盛岡藩の第3代藩主。南部氏の第29代当主。父は南部利直。母は閉伊氏の一族、花輪政朝の娘・松。幼名は彦六郎。別名は、乙松、鍋松丸など。地元の人々からは親しみを持って「花輪殿様」と呼ばれている。生涯元和2年(1616年)5月15日、初代盛岡藩主・南部利直の五男として閉伊郡花輪村で生まれる。利直が盛岡の外港として宮古の町を開くために滞在した際、その身辺の世話を務めたのが地頭である閉伊花輪氏の娘・松であった。幼少期を閉伊氏の菩提寺である華厳院で過ごし、百姓の子とも分け隔てなく遊んだとされる。慶安元年(1648年)に七戸家を継ぎ、七戸城主の座に留まっていた。しかし寛文4年(1664年)に兄・重直が子を残さず死去すると、盛岡藩8万石を(八戸2万石を弟の直房が継いだため)分割相続する。元禄5年(1692年)6月27日、家督を長男・行信に譲って隠居する。元禄15年(1702年)に江戸で死去した。享年87。政策・人物幼少期の経験からよく世情に通じ、家臣や領民にも質素倹約を説くなど仁政を施した。

Wikipedia_2016.02.04