話題の人物動画集

大谷圭志/YouTubeまとめ

  • 該当する動画はありません。

大谷圭志(おおたにけいし、1983年4月17日-)は、群馬県伊勢崎市出身の元サッカー選手。ポジションは主に守備的ミッドフィールダー。元サッカー選手の大谷昌司は双子の兄である。元U-18(18歳以下)日本代表。小学校3年生の時にサッカーを始める。1999年に前橋育英高等学校へ進学。3年時には同期に兄・大谷昌司や相川進也、阿久澤剛、浅川智、岡本勇輝、佐田聡太郎、里見仁義、須田剛史、坪内秀介のいるチームで主将に就いた。同年度の全国高校選手権本大会直前に左膝前十字靭帯断裂という重傷を負ったが手術を延期してベンチ入りし、チームを鼓舞した。2002年に高校を卒業し、Jリーグ・FC東京に入団。長期のリハビリを経て同年11月に練習に合流した。プロのプレー判断の速さに慣れる機会を逃してしまったが、2003年にはJサテライトリーグでボランチやサイドバックを務め、2004年に入った頃には、持ち前の粘り強い守備と思い切りの良いプレーを発揮しつつあった。

Wikipedia_2016.03.11