話題の人物動画集

御手洗毅/YouTubeまとめ

御手洗会長経営の理想像まだ遠いキヤノンは再び輝けるか下再生 御手洗会長経営の理想像まだ遠いキヤノンは再び輝けるか下御手洗会長経営の理想像まだ遠いキヤノンは再び輝けるか下 何くそ10年御手洗会長最大の戦いキヤノンは再び輝けるのか上再生 何くそ10年御手洗会長最大の戦いキヤノンは再び輝けるのか上何くそ10年御手洗会長最大の戦いキヤノンは再び輝けるのか上 何くそ10年御手洗会長最大の戦いキヤノンは再び輝けるのか上再生 何くそ10年御手洗会長最大の戦いキヤノンは再び輝けるのか上何くそ10年御手洗会長最大の戦いキヤノンは再び輝けるのか上

御手洗毅(みたらいたけし、1901年3月11日-1984年10月12日)は実業家。キヤノン創業者・初代社長。また、太平洋戦争以前は産婦人科医として御手洗産婦人科病院を開業。来歴・人物1901年、大分県蒲江町(現・佐伯市)に生まれる。実家は代々医師の旧家。1928年、北海道大学医学部卒業。上京して日本赤十字病院に勤務。731部隊の石井四郎と師を同じくする。1933年11月、吉田五郎や内田三郎らの創設した精機光学研究所に共同経営者として参画。内田とは、産婦人科医として内田夫人の出産を通じて親交が始まる。内田がシンガポールに赴任するなどしたため、1942年、御手洗自身が社長に就く。太平洋戦争による空襲で御手洗の経営していた産婦人科病院は焼失し、戦争終了後はキヤノン経営に注力した。医師であった事から医療用機器の開発を推進し、その後現在も続く開発・製造の原点となった。1967年、「右手にカメラ、左手に事務機」のスローガンを掲げ、キヤノンの多角経営を宣言した。1974年、前田武男に社長の座を譲った。1977年、前田の死去に伴い賀来龍三郎が社長に就任するとともに名誉会長となる。

Wikipedia_2015.11.28