話題の人物動画集

松平恒雄/YouTubeまとめ

皇室旧会津藩主松平容保の曾孫松平恒忠さんが昭和時代疎開先での秩父宮勢津子妃を語る再生 皇室旧会津藩主松平容保の曾孫松平恒忠さんが昭和時代疎開先での秩父宮勢津子妃を語る皇室旧会津藩主松平容保の曾孫松平恒忠さんが昭和時代疎開先での秩父宮勢津子妃を語る

松平恆雄(まつだいらつねお、1877年(明治10年)4月17日-1949年(昭和24年)11月14日)は、日本の外交官、政治家。外務次官、駐英大使、駐米大使、宮内大臣、初代参議院議長を歴任した。位階・勲等は従一位勲一等。来歴・人物1877年(明治10年)4月17日、元会津藩主・京都守護職の松平容保の六男として御薬園で生まれる。母は容保の側室・名賀(川村源兵衛の娘)。学習院から第一高等学校を経て、1902年(明治35年)に東京帝国大学法科大学政治学科卒業後、外交官試験を首席合格して外務省に入省。ロンドン海軍軍縮会議首席全権やイギリスやアメリカ駐在大使を歴任するなど、幣原喜重郎と並ぶ親英米派外交官として知られるようになる。1928年(昭和3年)、長女・節子(成婚後「勢津子」と改名)と秩父宮雍仁親王の成婚が決定する。内大臣にも擬せられたが、1936年(昭和11年)3月6日、国政から切り離された宮内大臣に任じられた。二・二六事件直後のことであり、秩父宮は岳父が青年将校の標的にされることを懸念し、内大臣就任に反対している。

Wikipedia_2016.02.23

ブログパーツレスポンシブ対応ブログパーツ

自身のサイトやブログに『松平恒雄』関連のYouTube動画像再生リストを掲載(登録不要)いただけます。

  • 本ページ内掲載動画よりランダムに6件表示します。
  • メイン画像&再生スクリーン画像3枚のサムネイル画像きです。
  • レスポンシブ対応~設置箇所の横幅に応じて3列×2段、または、2列×3段に割り付けます。

同一ページ内にYouTube埋め込みコードの複数掲載されますと、モーダルウィンドウが正常に動作いたしませんので『1ページ1ヵ所』の掲載でお願いします。

表示見本