話題の人物動画集

永原慶二/YouTubeまとめ

行く者の悲しみ残る者の憾みうらみ隻鳬せきふの別れて雲に迷ふがごとし再生 行く者の悲しみ残る者の憾みうらみ隻鳬せきふの別れて雲に迷ふがごとし行く者の悲しみ残る者の憾みうらみ隻鳬せきふの別れて雲に迷ふがごとし きっと今もそこらへんに自生しているに違いない草木。再生 きっと今もそこらへんに自生しているに違いない草木。きっと今もそこらへんに自生しているに違いない草木。

永原慶二(ながはらけいじ、1922年7月12日-2004年7月8日)は日本の歴史学者。専門は日本中世史。一橋大学名誉教授、和光大学名誉教授。一橋大学経済学博士。
妻の永原和子は女性史研究者である。門下に池亨や池上裕子。
中国大連市に生まれる。1939年に東京高等学校(旧制)東京高等学校文科乙類を卒業後、東京大学東京帝国大学文学部国史学科に入学。1943年、学徒出陣文科系学生の徴兵猶予停止にともない、海軍の大竹海兵団に入団。1944年、東京帝国大学国史学科卒業。終戦後に帰郷し、東京帝国大学大学院に入学。1947年東京大学史料編纂所員となり、『大日本史料』第三編の編纂業務に従事。1958年、一橋大学経済学部助教授となり、日本経済史講座を担当。1962年に一橋大学より「日本封建制成立過程の研究」により博士(経済学)経済学博士の学位を取得。1963年から1986年まで一橋大学教授を務めた。退官した1986年に一橋大学名誉教授。1986年から1988年まで日本福祉大学経済学部教授(88年から98年まで客員教授)、88年から93年まで和光大学人文学部教授。同大学退官にあたって名誉教授。

Wikipedia_2008.12.31