話題の人物動画集

河上清/YouTubeまとめ

纺织姑娘再生 纺织姑娘纺织姑娘 ポータブル蓄電池14G050424再生 ポータブル蓄電池14G050424ポータブル蓄電池14G050424 高清版清明上河圖RiverofWisdomHD再生 高清版清明上河圖RiverofWisdomHD高清版清明上河圖RiverofWisdomHD

河上清(かわかみきよし、1873年8月2日-1949年10月12日)は、米国で活躍した日本人ジャーナリスト。日本におけるキリスト教社会主義の活動家の1人である。山形県出身。明治6年(1873年)8月2日、旧米沢藩士宮下忠茂・きみの四男として誕生。宮下雄七と名づけられる。明治25年(1892年)に河上清と改姓改名。米沢中学校(現山形県立米沢興譲館高等学校)卒業後、上京して篤志家(曽根俊虎、上杉茂憲ら)の援助を受けつつ慶應義塾、東京法学院、青山学院などで学び文筆で身を立てることを志す。万朝報記者となり社会主義とキリスト教に関心を抱き、足尾銅山鉱毒事件などの追及を行った。明治33年(1900年)社会主義協会結成に参加、明治34年(1901年)社会民主党を他の5名とともに創立。同党が禁止されると、身の危険を感じて渡米。大学で学びながらジャーナリストとしての活動も再開。キヨシ・カール・カワカミ(K.K.カワカミ)の筆名を用いる(ミドルネームの「カール」はカール・マルクスにちなむ)。

Wikipedia_2014.02.16